[日本語/Japanese] PI DataLinkを使用した基本的なレポートの作成

PI DataLink (MS Excel add-in) を使用してプロセスデータにアクセスし、意味のあるレポートを作成することにより、プラントパフォーマンスのキーとなる意思決定に役立てる方法を学びます

このコースについて

このコースでは、PI DataLinkを用いて処理データへのアクセスや、意味のあるレポートの作成、そしてそれらを用いたプラントの効率に関する意思決定を行う方法について学ぶことが出来ます。PI DataLinkはMicrosoft Excelのアドインであり、Excelを通じてデータにアクセスし、見やすいレポートを容易に作成することが出来ます。

コースにより習得できる内容:

  • PI Systemの基本機能の理解
  • PI DataLinkによるPIタグとAF属性の検索
  • PI DataLink関数のうち、どれを使用すべきかの判断
  • PI DataLinkによる現在値とヒストリ値の取得方法
  • キーとなるKPIのレポート作成
  • カスタマイズした間隔での内挿値の取得
  • 演算データの使用
  • 再利用可能な日次レポートの作成

受講対象者:

このコースは、PI Systemの使用を開始したばかりの方、およびPI DataLinkについてさらに学びたいと考える方向けのコースです。もしあなたがプロセスエンジニアやプラントオペレーターで、PI DataLinkの基本機能を知りたい、または、データをどのように処理するか知りたい、エンドユーザーが使用する意味のあるレポートを作成したい場合には、このコースは役に立てるでしょう。

難易度:

入門レベル

期間:

ご自身のペースで進めていただきます。所要時間の目安は約6~12時間です。

前提条件:

MS Excelに精通していることが望ましいです。PI Systemのソフトウェアに関する知識は特に必要ありません。


金額:

無料

解説のビデオコンテンツは OSIsoft Learning YouTube Channel でもご覧いただくことができます。

ソフトウェアの要求仕様:

受講者は、実際に業務で使用しているソフトウェアとデータを可能な限り使用することが推奨されます。これにより受講者は、業務に価値のあるものを身に付けて修了できるためです。演習と最終プロジェクトを完了するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります:  

  • PI DataLink 2013以降 (PI Data Archive および Asset Frameworkへの接続)

もし、ご自身のPI Systemへのアクセスがない場合は、オプションの3週間のクラウド環境にご登録ください。

コースアウトライン

  • はじめに

    this section should be used for both courses and course series, as appropriate.  It is a section describing how to go through the course (such as go ahead and register for live events before doing pre-work so the student gets a spot).  This should at minimum be used for any courses which have 1) anything before the live event section - like pre-work, or 2) multiple sessions that they must register for.

    For External Courses, the workbook will be included in this section, since registration should not be required to download course workbook

  • コースの基本情報
  • コースのナビゲート方法
  • オプションのワークブック
  • (オプション)汎用AFデータベースのインポート
  • Lesson 1 - PI Systemの基礎
  • PI Systemの構成
  • PI Systemにおける時間
  • PI アセット、属性、タグについて
  • PI Systemに接続し、検索する
  • 知識チェック: システムの構成図の作成
  • Lesson 2 - PI DataLinkの基礎
  • PI DataLinkとは?
  • PI DataLinkにおけるマインド マップ
  • PI タグやPI AFの属性を検索する
  • 『現在値』の機能を使用して、瞬間的なデータを取得する
  • 『ヒストリ値』の機能を使用して、アーカイブされた値を取得する
  • PI Datalinkのどの関数を使用すべきか?
  • ルートパスの参照について
  • KPI(重要業績評価指標)レポートを作成する
  • 知識チェック: KPIレポートの作成
  • Lesson 3 - PI DataLinkの応用
  • 『条件指定ヒストリデータ』の機能を使用して、生のデータを取得する
  • 『定間隔ヒストリデータ』の機能を使用して、取得されるデータの間隔を変更する
  • データアイテム (列)と時間 (行)について
  • 内挿と取得モードについて
  • 『演算データ』の機能を使用して、時間に応じた計算を行う
  • 知識チェック: 日間レポートの作成
  • PI演算データ機能を使用し積算を行います。
  • データクエリを用いるレポートの作成
  • 毎日使いまわせる日次レポートの作成
  • 知識チェック: 演算機能を用いてアセットに関するレポートを作成する
  • 最終プロジェクト

    For eLearning, this section will detail the means of submitting the final project for the course.

     

  • 最終チェック
  • フィードバック

    Section name for getting feedback on the course - every course should have this section.

  • 修了後アンケートについて
  • 修了後アンケート
  • 次のステップ

    This section will list options to either implement the learned content or how to continue their education in the PI System.

  • 他の学習リソース

このコースについて

このコースでは、PI DataLinkを用いて処理データへのアクセスや、意味のあるレポートの作成、そしてそれらを用いたプラントの効率に関する意思決定を行う方法について学ぶことが出来ます。PI DataLinkはMicrosoft Excelのアドインであり、Excelを通じてデータにアクセスし、見やすいレポートを容易に作成することが出来ます。

コースにより習得できる内容:

  • PI Systemの基本機能の理解
  • PI DataLinkによるPIタグとAF属性の検索
  • PI DataLink関数のうち、どれを使用すべきかの判断
  • PI DataLinkによる現在値とヒストリ値の取得方法
  • キーとなるKPIのレポート作成
  • カスタマイズした間隔での内挿値の取得
  • 演算データの使用
  • 再利用可能な日次レポートの作成

受講対象者:

このコースは、PI Systemの使用を開始したばかりの方、およびPI DataLinkについてさらに学びたいと考える方向けのコースです。もしあなたがプロセスエンジニアやプラントオペレーターで、PI DataLinkの基本機能を知りたい、または、データをどのように処理するか知りたい、エンドユーザーが使用する意味のあるレポートを作成したい場合には、このコースは役に立てるでしょう。

難易度:

入門レベル

期間:

ご自身のペースで進めていただきます。所要時間の目安は約6~12時間です。

前提条件:

MS Excelに精通していることが望ましいです。PI Systemのソフトウェアに関する知識は特に必要ありません。


金額:

無料

解説のビデオコンテンツは OSIsoft Learning YouTube Channel でもご覧いただくことができます。

ソフトウェアの要求仕様:

受講者は、実際に業務で使用しているソフトウェアとデータを可能な限り使用することが推奨されます。これにより受講者は、業務に価値のあるものを身に付けて修了できるためです。演習と最終プロジェクトを完了するには、以下のソフトウェアをインストールする必要があります:  

  • PI DataLink 2013以降 (PI Data Archive および Asset Frameworkへの接続)

もし、ご自身のPI Systemへのアクセスがない場合は、オプションの3週間のクラウド環境にご登録ください。

コースアウトライン

  • はじめに

    this section should be used for both courses and course series, as appropriate.  It is a section describing how to go through the course (such as go ahead and register for live events before doing pre-work so the student gets a spot).  This should at minimum be used for any courses which have 1) anything before the live event section - like pre-work, or 2) multiple sessions that they must register for.

    For External Courses, the workbook will be included in this section, since registration should not be required to download course workbook

  • コースの基本情報
  • コースのナビゲート方法
  • オプションのワークブック
  • (オプション)汎用AFデータベースのインポート
  • Lesson 1 - PI Systemの基礎
  • PI Systemの構成
  • PI Systemにおける時間
  • PI アセット、属性、タグについて
  • PI Systemに接続し、検索する
  • 知識チェック: システムの構成図の作成
  • Lesson 2 - PI DataLinkの基礎
  • PI DataLinkとは?
  • PI DataLinkにおけるマインド マップ
  • PI タグやPI AFの属性を検索する
  • 『現在値』の機能を使用して、瞬間的なデータを取得する
  • 『ヒストリ値』の機能を使用して、アーカイブされた値を取得する
  • PI Datalinkのどの関数を使用すべきか?
  • ルートパスの参照について
  • KPI(重要業績評価指標)レポートを作成する
  • 知識チェック: KPIレポートの作成
  • Lesson 3 - PI DataLinkの応用
  • 『条件指定ヒストリデータ』の機能を使用して、生のデータを取得する
  • 『定間隔ヒストリデータ』の機能を使用して、取得されるデータの間隔を変更する
  • データアイテム (列)と時間 (行)について
  • 内挿と取得モードについて
  • 『演算データ』の機能を使用して、時間に応じた計算を行う
  • 知識チェック: 日間レポートの作成
  • PI演算データ機能を使用し積算を行います。
  • データクエリを用いるレポートの作成
  • 毎日使いまわせる日次レポートの作成
  • 知識チェック: 演算機能を用いてアセットに関するレポートを作成する
  • 最終プロジェクト

    For eLearning, this section will detail the means of submitting the final project for the course.

     

  • 最終チェック
  • フィードバック

    Section name for getting feedback on the course - every course should have this section.

  • 修了後アンケートについて
  • 修了後アンケート
  • 次のステップ

    This section will list options to either implement the learned content or how to continue their education in the PI System.

  • 他の学習リソース